Shopifyの導入数が急増中!日本における導入数と日本市場でのメリットとは?

近年、Shopifyの日本における導入数は目覚ましい増加を見せています。このeコマースプラットフォームがなぜここまで支持されているのでしょうか。Shopifyはその使いやすさから、アパレルから食品業界まで、幅広い業種の企業が導入し、その利用者は日に日に増え続けています。

本記事では、Shopifyの日本市場での増加のグラフや、人気の業種、日本と世界での傾向の違いなどをご紹介します。また、なぜ日本市場でShopifyが選ばれているのか、そのメリットに焦点を当てて解説します。
Shopify導入を検討中のビジネスオーナー、eコマース市場に関心がある方々は、ぜひ最後まで御覧ください。

Shopifyアプリでeギフトを簡単にはじめるなら『MakeGift』

目次

日本のShopifyストアは30,000店舗以上!

参照元:https://storeleads.app/
Shopify公式では情報発表がないため、「Store Leads」のデータを参照しています。
(Store Leads…eコマースストアやその関連データに特化したデータベースを提供するウェブサイト)

これは、2019年から四半期ごとの、日本のShopifyストア導入数のグラフです。近年、日本市場においてShopifyの成長が顕著で、導入店舗数の急激な増加は特に目を見張るものがあります。
Store Leadsのデータによると、2023年10月時点で日本には31,000店舗以上のShopifyストアが存在しています。
コロナウイルスの流行により、オンラインでの購買活動が加速したという背景も相まって、2019年からわずか4年で10倍以上のストア数になっているのがわかります。

日本の消費者のオンラインショッピング利用も増加していく中で、今後もShopifyストアはどんどん増えていくでしょう。

Shopifyはどのような業種に人気?日本での傾向は?

Shopifyは世界中で広く使われるeコマースプラットフォームです。では、世界ではどのような業種に人気なのでしょうか?世界と日本で、その傾向に違いはあるのでしょうか?

世界的に人気の業種

Shopifyはその柔軟性の高さから幅広い業種に利用されています。特に、世界で多く利用されているShopifyストアの業種は以下の通りです。

  • アパレル・ファッション: オンラインブティック、デザイナーブランド、アクセサリー店。
  • 美容・健康: コスメティック、スキンケア製品、健康食品、サプリメント。
  • 家庭用品・インテリア: 家具、インテリア装飾品、キッチン用品。
  • 電子機器・ガジェット: スマートデバイス、オーディオ機器、PCアクセサリー。
  • 食品・飲料: グルメ食品、特産品、有機食品、クラフトビール、ワイン。

日本市場で見られる業種の傾向

日本市場でも世界と同じようにアパレルや食料、美容・健康などの業種に人気です。
海外と同じような業種のほか、日本独自の傾向を分析すると、以下のような傾向も見られることがわかりました。

  • 地域特産品の販売: 日本各地の特産品や伝統工芸品など、地域固有の商品のオンライン販売が盛ん。
  • 越境eコマース: 日本製品を海外市場に販売する店舗が増えており、Shopifyの越境eコマース機能が重宝されている。
  • カルチャー関連製品: アニメ、マンガ、ゲーム関連の商品など、日本独自のカルチャーを反映した商品の販売が特徴。
  • 限定商品・コラボ商品: 期間限定商品や人気ブランドとのコラボレーション商品の販売が注目。

世界と日本でのShopify利用の違いに着目すると、 日本のShopifyストアは、日本独自の文化やトレンドを反映した商品を多く取り扱っていたり、特に海外市場向けの販売に力を入れる越境ECを重視した利用方法も多く見られます。

日本の製品やブランドは世界中で高い評価を受けているので、海外市場をターゲットにした越境ECとして、Shopifyが利用されているのがわかります。

▼Shopify導入事例記事はこちら

Shopifyが日本のビジネスに選ばれる理由は?そのメリットを解説

Shopifyが日本市場で選ばれる理由は、大きく分けて「使い勝手の良さ」と「越境ECへの対応」の2つに分かれます。

ユーザーフレンドリーなプラットフォームと機能性

Shopifyの日本市場での成長は、そのユーザーフレンドリーなプラットフォームと、多様なビジネスニーズに柔軟に対応できる機能性が大きな理由のひとつです。

Shopifyは、ノーコードで簡単にクオリティの高いオンラインストアを構築できます。さらに、商品管理、在庫管理、注文処理といった、ECサイトに必要な基本的なEコマース機能がそろっており、SEO対策やマーケティングツールなどの豊富な拡張機能も利用することができます。
初心者から経験豊富な事業者まで、幅広い層がeコマースに参入することができるのがShopifyを利用するメリットです。

越境EC:日本製品の海外販売をサポート

また、Shopifyは、越境eコマースを強化する機能がいくつもあるというのも、大きなメリットの一つです。
例えば、ストアの多言語化。日本語だけではなく、英語や中国語など複数の言語に切り替えることができ、アプリを導入すればアクセス元の地域を自動で判定し、その母国語でストアを表示させることができます
さらに、さまざまな国際決済方法をサポートしており、海外の顧客が自国の通貨で支払いを行えるようになっています。また、国際配送サービスの利用もできるため、世界中へのスムーズな配送をすることが可能です。

これにより、Shopifyを使うことで日本企業が国内だけでなく、グローバルに顧客基盤を拡大していくことができます。

まとめ:今後も増加する日本のShopifyストア

Shopifyは、その使い勝手の良さ、多様な業種への適応性、そして国際市場へのアクセス容易さから、日本市場で導入数が急増しています。ユーザーフレンドリーなインターフェイスから柔軟なカスタマイズ、多彩な決済オプションまで、Shopifyは日本のビジネスニーズに合致する機能を提供しているというメリットがあります。Shopifyは、今後も日本のeコマース業界に革新をもたらす存在として、その成長が期待されます。

Shopifyでeギフトを簡単にはじめるなら『MakeGift』!

MakeGiftロゴ

MakeGiftとは自社ECサイトや店舗でeギフト機能(ソーシャルギフト機能)を手軽に実装できるサービスです。貴社のお客様に「eギフトでも購入する」という選択肢を増やすことで友人や家族へのプレゼントとしても購入されることが増え売上UPに繋がります。

MakeGiftとは?

現在、Shopify運営者、食品EC、ファッションアパレル、美容、カフェ(店舗)など多くの業界で利用されております。
ECサイトだけではなく店舗でもデジタルチケットととして利用できることも特徴です。

eギフト(ソーシャルギフト)は、購入者が「住所を知らない相手にも手軽にプレゼントを贈れる」ため、ファンがファンを呼ぶ仕組みとなり販売促進の効率化や顧客拡大に貢献できます。

eギフトとは?

またMakeGiftは大手eギフトサービスと比べて、は低コストで気軽に導入できます。
既に運営しているShopifyのECサイトや店舗でもeギフト機能を実装でき最短1日で開始が可能です!
自社商品のeギフト実装をご検討の際は、ぜひお気軽にMakeGiftへお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次