eギフトとは?事例やメリット・注意点も解説!

eギフトとは?
目次

eギフト(ソーシャルギフト)とは?

eギフト(ソーシャルギフト)は、住所を知らないお相手にも、SNSやメールで簡単に贈ることができる新しいギフトサービスです。よくある使い方として、珈琲チェーンのドリンクチケットやデザートチケットとなど、電子ギフトカードやデジタルクーポンといった形で使われます。インターネットを通じて贈る新しいタイプのギフトです。従来の物理的なギフトとは異なり、eギフトはメールやLINEなどのSNSを利用して瞬時に送ることができます。またこれまでのフォーマルギフト(御中元やお歳暮)と異なり手軽に贈ることができるため新しいコミュニケーションツールとしても注目されています。eギフトは「ソーシャルギフト」「SNSギフト」と呼ばれることもあります

eギフトの送り方

eギフトとは?

eギフトの送り方は、プレゼントをする方が、送りたい商品を選び購入します。購入するとURLが生成されるため、そのURLを友人などプレゼントを贈る方にSNSで送信します。LINEやメール、SNSで手軽に贈ることが可能です。プレゼントを受け取ったかたは、住所を入力したり、店舗に行き商品を受け取ることができます。

eギフトの事例

eギフトは多種多様で、例えば、コーヒーショップのデジタルギフトカードや、オンラインショッピングモールのクーポン、映画館の電子チケット、アイスのチケットなどがあります。これらはメールやLINEなどのSNSを通じて受け取り、そのコードを提示するだけで利用することができます。また、特定のブランドや店舗の商品を購入するためのデジタルクーポンも人気で、カジュアルギフトとしても利用されています。LINEギフトやギフティーが有名です。

eギフトのメリット

eギフトには数多くのメリットがあります。主に以下のような点が挙げられます。

  1. 瞬時に送受信できる: 伝統的なギフトと異なり、eギフトは即座に送受信できるため、急な贈り物にも対応できます。
  2. 住所不要: 住所を知らないお相手でも、メールアドレスやSNSのアカウントさえあれば送ることができます。
  3. 選択肢の幅広さ: eギフトは様々なブランドやサービスで利用できるため、贈り手・贈られる人の好みに合わせて選べます。
  4. エコフレンドリー: 物質的なギフトと比べ、環境に優しい選択肢となります。

eギフトの注意点

eギフトは便利で人気がありますが、いくつかの注意点もあります。

  1. 有効期限: eギフトには有効期限があることが多く、期限が切れると利用できなくなります。
  2. 個人情報の管理: eギフトを送受信する際には、個人情報の取り扱いに注意が必要です。特に、受け取り側のメールアドレスやSNSアカウントを正確に知っていることが重要です。
  3. 利用可能な場所: eギフトは全ての店舗やサービスで利用できるわけではないため、利用可能な場所を確認することが重要です。

このように、eギフトは新しい贈り物のカタチとして、多くの可能性といくつかの注意点を持っています。カジュアルギフトとしての利用も増えており、贈り物の選択肢を広げてくれます。

eギフトを実装するには?

自社商品にeギフトを実装するには「MakeGift」ですぐに始められます!
ECサイト運営者も店舗をお持ちの方もノーコードでeギフト機能を実装が可能です!

ぜひお問合せください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次