eギフトの市場規模は?利用背景や事例10選、始め方も紹介!

eギフトの市場規模とは?事例や始め方も紹介!

eギフトとは、住所を知らない相手にもEメールやSNSを通じて手軽にプレゼントを贈れるサービスです。これまでのフォーマルギフトが減少傾向の中、カジュアルギフトである「eギフト」の人気は急上昇しています。日本国内でも、eギフト市場は拡大傾向にあり、多くの企業と消費者に受け入れられています。この記事では、eギフト市場の規模、利用の背景、そしてeギフト事例10選について詳しく掘り下げています。

この記事のポイント:

  • eギフト市場の現状と未来の展望
  • eギフトの利用背景とその利点
  • 日本のeギフト事例のトップ10紹介

さらに詳しい情報は、以下のセクションで提供しています。

目次

eギフトの市場規模は?

eギフト市場は拡大を続けており、国際的な市場規模と日本国内の市場規模の両方で成長が見られます。

出典:矢野経済研究所

  • 国際市場規模: 2022年時点で約37兆円 ($341.9 billion)、2032年には約164兆円 ($1.5 trillion) に達すると予測されています​。
  • 日本市場規模: 2023年には日本のギフトカード市場が約2.4兆円 ($22.1 billion)に達すると予測されています​。また、2023年度にはeギフト市場が約2,492億円に拡大すると予測されています​​。
  • さらに、2025年度にはeギフト市場が約4,057億円に拡大すると見込まれています​​。

eギフトが使われる背景は?

近年eギフトが使われる背景には様々なeギフトのメリットがあります。

  • 住所を知らない相手への贈り物: eギフトはEメールアドレスや携帯電話番号さえあれば送ることができ、住所を知らない相手にも贈り物を送ることが可能です。
  • 商品選択の多さ: eギフトを受け取った人は、そのeギフトを利用する店舗やオンラインストアで多くの商品の中から自分の好きなものを選べます。
  • 即時配信: eギフトは即座に送信され、受け取りも即時で行えるため、時間を気にせずに贈り物を送ることが可能です。
  • コスト効率: 一部のeギフトはプリントや配送のコストが発生しないため、コスト効率が高くなります。
  • パーソナライゼーション: eギフトはデザインやメッセージをカスタマイズでき、よりパーソナルな体験を提供できます。

コロナ禍で非接触のプレゼントとして利用が急増しましたが現在もその流れが続いています。

日本で人気のeギフト事例は?

日本で人気のeギフト事例には下記のようなものがあります。

  1. Amazonギフトカード(Eメールタイプ)
  2. Apple Gift Card
  3. Google Play ギフトコード
  4. 楽天ギフトカード
  5. ローソン ソーシャルギフト
  6. LINEギフト
  7. セブン&アイ ギフトカード
  8. Tポイントギフト
  9. ユニクロ ギフトカード
  10. ZARA ギフトカード

これらのeギフト事例は、消費者にとって便利で効率的なギフトの選択肢を提供し、企業にとっては新しい収益源と顧客エンゲージメントの機会を提供しています。

eギフトを自社で始めるには?

eギフトの導入は、ECサイト運営者や店舗にとって新しい収益源となり、顧客エンゲージメントを向上させる方法となります。しかし、どのようにeギフトプログラムを開始するかは重要な決定となります。

eギフトを開始する方法はいくつかあり、その中でも人気のある方法の一つは、LINEギフトやその他のeギフトモールに出店することです。これらのプラットフォームは、店舗に対して即座にeギフトを立ち上げる機会を提供し、既存の顧客ベースにアクセスすることができます。しかし、これらのプラットフォームを利用する主な課題は、手数料が比較的高いことです。これにより、利益率が低下する可能性があります。

「MakeGift」では、安価で手軽にeギフトを始めることができます。
既に運営しているECサイトや店舗でもeギフト機能を実装でき最短1日で開始が可能です!

MakeGift

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次