【実店舗でのeギフト導入事例】世田谷の人気カフェがMakeGift導入で集客UP

MakeGiftのデジタルチケット

世田谷区にあるカフェでMakeGiftが導入されました。
MakeGiftとは店舗が手軽にeギフト(ソーシャルギフト)を導入できるwebサービスです。

これにより、この店舗の珈琲やチーズケーキを友人にデジタルチケットとしてプレゼントすることが可能になります。
利用者は店舗やHP上にある「eギフトをプレゼントする」というwebページからeギフトを購入し、友人や家族にSNSで贈ることですぐにプレゼントを贈ることが可能です。

もらった方は、そのチケットを店舗に持っていきスタッフに見せることで商品と交換ができます!
(LINEギフトにあるスタバチケットのようなイメージです)

MakeGiftのeギフト店舗チケット
MakeGiftのソーシャルギフト(デジタルチケット)

この記事では、この店舗の方にMakeGift導入の経緯や反響をお伺いします!

目次

なぜMakeGiftの導入を?

スタバやコメダ珈琲など大手珈琲ショップでeギフトの利用が増えていると聞き、手軽にeギフトを導入できるものがないか探していました。またeギフトの市場も伸びていることもありなにかできたらいいなと考えていました。

LINEやeギフトプラットフォームに掲載すると手数料が大きくかかることから1店舗からでも利用できるMakeGiftの導入を決めました!

MakeGiftの場合、月額の定額で利用ができるため、我々のような小さい店舗にはありがたいサービスです。

eギフト導入後の反響は?

MakeGiftの導入以来、さっそく店舗にはデジタルチケットを持って訪れる顧客が増え、特に若い層からの注目が高まりました。「手軽に友達に好きなコーヒーチケットを贈れて便利」「サプライズギフトとして最適」といったポジティブなフィードバックを寄せられています。

特にこれまでよく来ていただいていた常連さんが、お友達にeギフトとして我々の珈琲やデザートをプレゼントをしてくれるので、ファンがファンを呼んでいただいている状態です。

そのため、広告費削減にもつながっています。

また、遠方にいる親しい人への贈り物としても自家焙煎珈琲豆をプレゼントしていただいています。その場合は郵送をしています。

担当者の声

「MakeGiftのデジタルギフトチケットを通じて、より多くのお客様に私たちのコーヒーを楽しんでもらえるようになりました。お客様が当店のコーヒーをカジュアルなギフトとして選んでくれることは、私たちにとって非常に嬉しいことです。今後もコーヒーの喜びをもっと多くの人々に届けていきたいと思います」と、コーヒースタンドの担当者は語ります。

この事例は、地域密着型の小規模店舗でも、デジタルギフトの導入が顧客との新しいつながりを創出し、ブランド価値を高めることを示しています。MakeGiftの導入は、コーヒースタンドに新しい顧客層の集客ツールとなり、売上と顧客満足度の向上に貢献しました。

Shopifyでeギフトを簡単にはじめるなら『MakeGift』!

MakeGiftロゴ

MakeGiftとは自社ECサイトや店舗でeギフト機能(ソーシャルギフト機能)を手軽に実装できるサービスです。貴社のお客様に「eギフトでも購入する」という選択肢を増やすことで友人や家族へのプレゼントとしても購入されることが増え売上UPに繋がります。

MakeGiftとは?

現在、Shopify運営者、食品EC、ファッションアパレル、美容、カフェ(店舗)など多くの業界で利用されております。
ECサイトだけではなく店舗でもデジタルチケットととして利用できることも特徴です。

eギフト(ソーシャルギフト)は、購入者が「住所を知らない相手にも手軽にプレゼントを贈れる」ため、ファンがファンを呼ぶ仕組みとなり販売促進の効率化や顧客拡大に貢献できます。

eギフトとは?

またMakeGiftは大手eギフトサービスと比べて、は低コストで気軽に導入できます。
既に運営しているShopifyのECサイトや店舗でもeギフト機能を実装でき最短1日で開始が可能です!
自社商品のeギフト実装をご検討の際は、ぜひお気軽にMakeGiftへお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次