人気ハンドクリーム企業がeギフトを実装:売上昨対比6%アップの成功事例

美容ハンドクリームでeギフト導入の成功事例

ハンドクリームで有名なブランドがecサイトにeギフト機能(ソーシャルギフト)を実装!美と便利さが手を取り合う、MakeGift導入の裏側に迫ります。この記事では、人気ハンドクリームメーカーがデジタルギフトを導入した背景や効果、担当者の声も紹介します!

目次

なぜeギフト導入を?

美容意識の高い顧客層に向けて、人気ハンドクリームメーカーはデジタルギフティングの波に乗り、MakeGiftを通じたeギフト機能を自社ECサイト(shopify)に導入しました。カジュアルながらも心のこもったギフトとして、ハンドクリームを日常の美容ルーチンに取り入れる人々へ気軽に贈れるオプションを提供することが目的です。また、これまで新規開拓のコストが高いことが課題でした。eギフトでは既にファンになってくれている方や、一度試していただいた方がお友達や家族にプレゼントをしてくれるので、1人あたりの新規顧客獲得コストが大幅に下がっています

eギフト(ソーシャルギフト)導入後の反響は?

デジタルギフト導入以降、売上は前年比6%増加し、今後もこの伸びは続くと予想されています。またMakeGiftを導入して以来、ユーザーからのフィードバックは圧倒的に肯定的です。

特に、「いつも使っているハンドクリームを友達にも共有できるのが嬉しい」とか、「美容が好きな人へのちょっとしたサプライズにピッタリ」といった声が寄せられています。この新しい購入チャネルは、特に美容とウェルネスを大切にする層に受け入れられています。

担当者の声

「MakeGiftの導入で、私たちのハンドクリームがデジタルギフトの形で新たな命を吹き込まれました。手軽に贈れるカジュアルギフトとして、美容を愛する多くのお客様に選ばれています。eギフトのおかげで、私たちのブランドはより多くの人々の日常に溶け込む美容アイテムとなり、そこに大きな価値を見出しています」と、ブランド担当者は自信を込めて語ります。

この人気ハンドクリームメーカーの事例は、デジタルギフトが美容業界においても重要な顧客エンゲージメントツールとなり得ることを示しています。MakeGiftの導入は、カジュアルながらも意味のあるギフティング体験を顧客に提供し、ブランドの認知と売上を同時に高める戦略として機能しました。

Shopifyでeギフトを簡単にはじめるなら『MakeGift』!

MakeGiftロゴ

MakeGiftとは自社ECサイトや店舗でeギフト機能(ソーシャルギフト機能)を手軽に実装できるサービスです。貴社のお客様に「eギフトでも購入する」という選択肢を増やすことで友人や家族へのプレゼントとしても購入されることが増え売上UPに繋がります。

MakeGiftとは?

現在、Shopify運営者、食品EC、ファッションアパレル、美容、カフェ(店舗)など多くの業界で利用されております。
ECサイトだけではなく店舗でもデジタルチケットととして利用できることも特徴です。

eギフト(ソーシャルギフト)は、購入者が「住所を知らない相手にも手軽にプレゼントを贈れる」ため、ファンがファンを呼ぶ仕組みとなり販売促進の効率化や顧客拡大に貢献できます。

eギフトとは?

またMakeGiftは大手eギフトサービスと比べて、は低コストで気軽に導入できます。
既に運営しているShopifyのECサイトや店舗でもeギフト機能を実装でき最短1日で開始が可能です!
自社商品のeギフト実装をご検討の際は、ぜひお気軽にMakeGiftへお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次