Shopifyギフトカードの使い方|設定・販売方法、購入後の利用・残高確認まで徹底解説

Shopifyギフトカードの使い方解説

Shopifyでは、デフォルトの機能でギフトカードの販売やプレゼントができるようになっています。

この記事では、Shopifyにギフトカードの商品を追加する手順から、設定、自動送信、さらにはプレゼント用の販売方法まで、初心者でもスムーズに操作できるよう画像付きで詳しく解説します。特にギフトカードは顧客へのサービス向上に直結するため、オンラインストアを運営する上で大きなメリットになります。ぜひギフトカードの使い方をマスターしてShopify運営に活用してください。

Shopifyアプリでeギフトを簡単にはじめるなら『MakeGift』

目次

Shopifyのギフトカード機能とは?

スマホ,ギフト,ECストア

Shopifyでは、ギフトカードをオンラインストアで作成・販売できる機能があります。ギフトカードは商品券のようなもので、買い物時に決済方法のひとつとして利用できます。利用者はメールでギフトコードを受け取り、決済時にそのコードを入力することでギフトの金額分を差し引いて買い物することが可能です。また、一度の買い物で全額を使用する必要はなく、いつでも残高を確認できるのもメリットです。

Shopifyのギフトカード機能でできることは主に以下の2種類です。

  • Shopifyギフトカードをオンラインストアで販売する
  • Shopifyギフトカードを作成して顧客に送信する

この記事では、ギフトカードを販売する方法と、顧客にプレゼントとして送信する方法を画像付きで手順を追って解説します。

ギフトカードをShopifyストアで販売する方法【画像付きで解説】

Shopifyでギフトカード機能を設定する方法は、以下の手順に従って行います。Shopifyのギフトカード機能を利用することで、お客様がオンラインストアで販売できるギフトカードを作成できます。

ギフトカードを商品に追加する

サイドバーの「商品管理」セクションをクリックし、「ギフトカード」を選択します。
画面中央に表示される「ギフトカード商品を追加」ボタンをクリックします。

Shopifyでギフトカードを商品に追加する

ギフトカードにタイトルを付け、必要な情報(説明文)を入力します。

Shopifyでギフトカードを商品に追加する

メディアセクションで、「新規アップロード」を選択して、ギフトカードのデザインをアップロードします。

Shopifyでギフトカードを商品に追加する

ギフトカードに複数の金額オプションを提供したい場合は、「金額」セクションでバリエーションを設定します。
販売したいギフトカードの金額を入力します。デフォルトでは4つのバリエーションを設定できるようになっていますが、「金額を追加」でバリエーションを増やしたり、ごみ箱アイコンでバリエーションを減らしたりできます

Shopifyでギフトカードを商品に追加する

「商品整理」セクションでは、ギフトカードをコレクションに追加したりタグ付けしたりといった設定ができます。

Shopifyでギフトカードを商品に追加する

最後に、画面右上の「保存する」をクリックして、ギフトカード商品の作成は完了です。

Shopifyでギフトカードを商品に追加する

ギフトカードの設定

次に、作成したギフトカードの設定について解説します。

ギフトカードの設定では、以下の3点を変更することができます。

  • ギフトカードの有効期限
  • 購入時にデフォルトで送信する
  • AppleWalletパスを利用する

まずは、管理画面のサイドバーの「設定」をクリックします。

Shopifyのギフトカードの設定方法

次に、「ギフトカード」をクリックします。
このフィールドから、ギフトカードの設定を変更できます。

Shopifyのギフトカードの設定方法

ギフトカードの有効期限を設定

ギフトカードは、デフォルトでは「有効期限なし」に設定されています。
有効期限を設定する場合、「年」「月」「日」の単位を選んで設定できます。

「ギフトカードの有効期限」にチェックを入れて、設定したい有効期限を入力し、保存します。

Shopifyのギフトカードの有効期限設定方法

日本では、ギフトカードに長期間の有効期限を設定することが奨励されています。無期限、または発行から5年以上の有効期限を設けることが一般的です。詳細は消費者庁のガイドラインや景品法などをご確認ください。

ギフトカードを自動で発送する方法

Shopifyでは、ギフトカードが購入された際に自動的に送信される機能があります。この機能により、顧客がギフトカードを購入すると、そのギフトカードのコードを含むメールが自動的に購入者または指定された受取人に送信されます。

「デフォルトで送信する」にチェックを入れて保存するだけで、設定の変更は完了です。

Shopifyのギフトカードの自動発送の設定方法

AppleWalletパスを設定する

Shopifyのギフトカードでは、AppleWalletパスを設定することも可能です。

Apple Wallet Pass」とは、AppleのWalletアプリに保存できるデジタルパスの一種です。iPhoneやApple Watch上で簡単にギフトカード、クーポン、航空券、イベントチケット、その他のデジタルカードを管理できます。「Apple Wallet Pass」形式のギフトカードを利用することで、Appleユーザーは物理的なカードを持ち歩く必要なく、店舗での購入時やオンラインでのショッピング時にギフトカードを簡単に利用できます。

AppleWalletパスを有効にする場合、「ギフトカードを使用するためにAppleWalletパスを有効かする」にチェックを入れます。

さらに、オプションを利用することでギフトカードのカラー、ロゴ、バナーをカスタムすることもできます

ShopifyのギフトカードのAppleWallet設定方法

AppleWalletパスを有効にした場合、購入後に送られてくるメールにはAppleWalletのアイコンが表示されるので、Appleユーザーはここから利用することができます。

ShopifyのギフトカードのAppleWallet設定方法

プレゼント用として購入できるようにする設定方法

ギフトカードは、購入者自身が使うだけではなく、家族や友人へのギフトとして送ることもできます

設定は、テーマのカスタマイズ画面から行います。
管理画面のサイドバーから「販売チャネル」→「テーマ」→「カスタマイズ」の順にクリックします。

Shopifyのギフトカードの設定方法

カスタマイズ画面からギフトカードの商品ページを開きます。
サイドバーの「購入ボタン」をクリックします。

Shopifyのギフトカードの設定方法

「ギフトカードの受取人情報フォームを表示する」を選択します。

Shopifyのギフトカードの設定方法

使用しているShopifyテーマによっては、受取人情報フォームを設定できない場合があります。Online Store 2.0に対応した新しいテーマに更新してください。

チェックを入れてテーマを保存するだけで、設定は完了です。

これで、ストアに「ギフトとしてこれを送る」のチェックマークが表示されるようになりました。
ここでは、受信者(送りたい相手)のメールアドレスの入力が必須です。
また、送信日を設定することもできるので、誕生日や記念日などに合わせて自動で送信することもできます。

Shopifyのギフトカードの設定方法

ギフトカードを作成して顧客にプレゼントする方法

ギフトカードは、オンラインストアで販売するだけではなく、顧客に無料でプレゼントすることができます。キャンペーンや誕生日特典などで活用してみましょう。

ギフトカードの送信するためには、まず販売方法と同じように管理画面から「商品管理」→「ギフトカード」の順でアクセスし、「ギフトカードを作成」を選択します。

ギフトカードを作成して顧客にプレゼントする方法

ギフトカードの作成画面が開きます。

ギフトカードコードは、自動でランダムの文字列が入力されています。これは、キャンペーン内容に応じて任意の文字列に書き換えることも可能です。
また、ギフトカードの金額もここで自由に設定できます。

ギフトカードを作成して顧客にプレゼントする方法

次に、ギフトカードの有効期限を設定します。
有効期限なしにするか、任意の有効期限を設定するか選ぶことができます。

ギフトカードを作成して顧客にプレゼントする方法

お客様の欄では、お客様の名前やメールアドレスで対象のユーザーを検索し、選択することができます。

ギフトカードを作成して顧客にプレゼントする方法

メモ欄には、自由にメモを残すことができます
ここに記入した文章は顧客には送信されず、管理用にのみ利用できます。

ギフトカードを作成して顧客にプレゼントする方法

すべての情報が入力できたら、画面右上の「保存する」をクリックします。

ギフトカードを作成して顧客にプレゼントする方法

ギフトカードの確認画面が表示されます。
内容に間違いがなければ、「ギフトカードを送る」を選択します。

ギフトカードを作成して顧客にプレゼントする方法

これで、顧客にギフトカードをプレゼントすることができます。

ギフトカードを作成して顧客にプレゼントする方法

ギフトカードの使い方【購入者向け解説】

ギフトカードを受け取っても、どこで使えばいいのかわからない、という購入者向けに、買い物時におけるギフトカードの使い方をご紹介します。

Shopifyストアで商品をカートに入れ、購入画面へ進みます。
購入画面(チェックアウト画面)に、「ギフトカード」と書かれた入力欄があるので、メールで届いたコードを入力し、「適用する」をクリックします。

Shopifyギフトカードの使い方

ギフトカードの残高の金額が適用され、合計金額が割引されています。

Shopifyギフトカードの使い方

残高や有効期限を確認する

Shopifyのギフトカードの残高や有効期限などは、メールから確認できます。

届いたメールの「ギフトカード残高を表示」をクリックします。
ギフトカードの残高、有効期限、ギフトカードコードなどは、ここから確認できます。

Shopifyギフトカードの残高や有効期限を確認する

Shopifyでギフトカードを活用しよう!

Shopifyでギフトカードを使うことは、お店の魅力を高め、顧客満足度を向上させる手段のひとつです。ギフトカード機能を有効活用して売上の増加、新規顧客の獲得、顧客満足度の向上を目指しましょう。

Shopifyのギフトカード機能は、カスタマイズにはHTMLやLiquidの知識が必要で、複雑な操作が必要です。ギフトカードをもっと簡単に取り扱うためには、「eギフト」(電子ギフトカード)のサービスの導入を検討するのもおすすめです。

Shopifyでeギフトを簡単にはじめるなら『MakeGift』!

MakeGiftロゴ

MakeGiftとは自社ECサイトや店舗でeギフト機能(ソーシャルギフト機能)を手軽に実装できるサービスです。貴社のお客様に「eギフトでも購入する」という選択肢を増やすことで友人や家族へのプレゼントとしても購入されることが増え売上UPに繋がります。

MakeGiftとは?

現在、Shopify運営者、食品EC、ファッションアパレル、美容、カフェ(店舗)など多くの業界で利用されております。
ECサイトだけではなく店舗でもデジタルチケットととして利用できることも特徴です。

eギフト(ソーシャルギフト)は、購入者が「住所を知らない相手にも手軽にプレゼントを贈れる」ため、ファンがファンを呼ぶ仕組みとなり販売促進の効率化や顧客拡大に貢献できます。

eギフトとは?

またMakeGiftは大手eギフトサービスと比べて、は低コストで気軽に導入できます。
既に運営しているShopifyのECサイトや店舗でもeギフト機能を実装でき最短1日で開始が可能です!
自社商品のeギフト実装をご検討の際は、ぜひお気軽にMakeGiftへお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次