Shopifyの在庫管理を解説!標準機能やおすすめ在庫管理システム(OMS)も紹介!

ECサイト運営者にとって在庫管理は非常に重要な管理項目のひとつ。在庫管理を適正に行えるかどうかは、EC事業をスムーズに進めることや売り上げの向上を大きく左右します。

Shopifyの基本機能にも在庫管理機能はありますが、より多くの商品を取り扱う場合や、複雑な在庫管理が必要な場合などは、Shopifyと連携できる外部の在庫管理システムの導入を検討すると良いでしょう。
この記事では、Shopifyの在庫管理機能でできることや、外部の在庫管理システムを選ぶ際のポイントを紹介します。正しいサービス選びで、販売効率と顧客満足度を高めましょう。

Shopifyアプリでeギフトを簡単にはじめるなら『MakeGift』

目次

Shopify(ECサイト)における在庫管理とは?

ECサイトにおける在庫管理とは、オンラインで販売される商品の在庫量を監視し、調整することを言います。これには、在庫の追跡、発注、受領、保管、出荷までの一連の流れが含まれます。

適切な在庫管理をすることで、商品の売り切れや過剰在庫を防ぐことができます。これは、顧客満足度の向上、売り逃しの防止、経費の削減に直結し、ECサイトの運営効率と収益性の向上に不可欠です。

Shopify標準の在庫管理機能でできること

Shopifyには標準で在庫管理機能が搭載されており、追加のアプリを導入しなくても基本的な在庫管理を行うことができます。

Shopifyの標準機能でできる在庫管理には、以下のようなものがあります。

  • 在庫追跡: Shopifyでは、商品の在庫レベルをリアルタイムで確認できます。在庫が少なくなると通知を受け取ることも可能で、売り切れを防ぐための迅速な対応が可能です。
  • 商品バリエーションの管理:同じ商品の異なるバリエーション(サイズ、色など)ごとに在庫を管理できます。
  • 在庫調整: 売上、返品、損失などによる在庫の増減を簡単に手動で変更できます。
  • CSVファイルによる在庫のインポート・エクスポート:在庫のCSVファイルを使用して、在庫数量をインポートやエクスポートすることができます。
  • 在庫切れ商品の非表示:品切れ中の商品は、在庫追跡によって商品ページから自動で非表示にすることができます。
  • 在庫切れ商品の管理:在庫数量が0でも、予約注文や入荷予定の商品は販売継続の設定が可能です。
  • 複数拠点の在庫管理:複数の倉庫や店舗からの在庫を一元的に管理することができます。

標準の在庫管理機能だけでも、小規模から中規模のビジネスにとっては、在庫管理の手間を大幅に削減し、よりスムーズな運営を実現するのに役立ちます。

Shopifyの在庫管理機能と外部の在庫管理システム、どちらを選ぶ?

Shopifyのデフォルトの在庫管理機能だけでは、特に大規模なビジネスや複雑な在庫要件を持つ企業にとっては不十分な場合があります。このため、ビジネスの規模によっては外部の在庫管理システムを導入することも検討する必要が出てきます。

ShopifyはAPI連携を通じて多くの在庫管理システムと連携できるため、選択肢は豊富にあります。

Shopifyのデフォルト機能は、Shopifyの管理画面内で一元管理できるため使いやすいのが特徴です。基本的な在庫追跡、商品管理、複数場所からの在庫管理などの機能があり、小規模から中規模のビジネスであればまずはデフォルト機能での管理をしてみるのもいいでしょう。

一方、外部の在庫管理システムは、より高度な機能やカスタマイズ性を求める大規模ビジネスや特殊な要件を持つ事業者におすすめです。API連携でShopifyとのデータ同期が可能で、受注管理システム(OMS)と倉庫管理システム(WMS)などを自動化することができます。
ただし、別途で導入費用や月額費用、出荷商品への従量課金があるため、ビジネスの規模に見合うコストかどうかを見極める必要はあります。

最終的には、自社のビジネス規模、要件、予算を考慮して最適な選択を行うことが重要です。

在庫管理システムの選び方

Shopifyに導入する外部の在庫管理システムを選ぶときは、以下のポイントに注意すると良いでしょう。

自社のビジネスモデルや規模などに合っている

商品の種類、取引量、倉庫の規模など、自社のビジネスモデルや販売戦略に合ったシステムを選ぶ必要があります。例えば、取り扱い商品の多い事業者は、商品バリエーションごとの在庫管理機能が充実しているシステム、複数の店舗や倉庫を抱える事業者なら、オムニチャネルに強みを持つシステムが適しています。

機能性と拡張性

基本的な在庫追跡機能に加えて、注文処理、出荷管理、データ分析など、必要な機能が備わっているか確認しましょう。
また、ビジネスの成長に応じてシステムが拡張可能であるか、上位プランが準備されているかどうかも重要です。

管理画面の操作のしやすさ

システムの使いやすさは、日々の業務効率に大きく影響します。直感的で理解しやすいインターフェースかどうかを確認しましょう。特に、複数のスタッフで管理をする場合は短期間でスタッフが慣れることができるシステムが理想的です。

コストが事業規模に合っているか

在庫管理システムによって、料金プランはさまざま。例えば、月額費用は安く抑えてあるが、従量課金が高めに設定されているものもあれば、月額料金が高くて従量課金が低いものもあります。毎月の取引量によって、どのサービスがお得かは異なります
投資対効果を考慮し、コストに見合ったシステムを選ぶことが重要です。初期投資だけでなく、運用コストや将来的な拡張にかかる費用も含めて評価しましょう。

セキュリティと信頼性

データのセキュリティは非常に重要です。データ漏洩や不正アクセスを防ぐため、信頼性の高いセキュリティ対策を備えた在庫管理システムを選ぶことが重要です。

サポートとサービス

アプリのサポート体制も重要な要素です。技術的な問題が発生した際に迅速なサポートを受けられるか、定期的なアップデートがあるかなどを確認しましょう。
また、他のShopifyユーザーからのレビューや評価も参考になります。実際の使用者の声を聞くことで、アプリの実際のパフォーマンスや問題点を知ることができます。

Shopifyと連携できるおすすめ在庫管理システム(OMS)

ここからは、ShopifyとAPI連携できる在庫管理システムをご紹介します。
それぞれ特徴や初期費用・月額料金などのコストも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

はぴロジ

参照:https://www.hapilogi.co.jp/


はぴロジ」は、受注処理、在庫管理、出荷指示を自動化することで、ECサイト運営者の作業を効率化できるシステムです。Shopifyアプリとしてインストールすることができ、商品情報や在庫情報の自動連携、出荷指示の自動化、セット商品の管理などをShopifyの管理画面上で、簡単かつ効率的に行うことができます。

特に、複数の倉庫を利用している店舗や、物流プロセスの自動化を図りたいECサイト運営者におすすめ。大規模なECサイトや複雑な物流が必要なビジネス向けのシステムです。

主な機能

  • 商品情報、受注情報、出荷実績、在庫情報の自動連携。
  • 条件指定によるプレゼントなど追加商品の自動追加。
  • 自社での倉庫管理機能の利用。
  • 出荷指示の仕分けによる、一部商品の出荷代行利用。
  • セット品の作成と、物流指示への分解機能。
1~100件101件~3,000件3,001件~10,000件3,001件~10,000件50,001件~
月額基本料10,000円10,000円10,000円10,000円10,000円
従量課金0円20円10円5円50,001件目から
出荷1件当たり2円

AnyLogi

参照:https://anylogi.com/ja

AnyLogi」は、海外配送自動化プラットフォームです。海外配送の自動化に特化しており、複数の配送サービスとの連携機能があります。Shopifyストアに送料や関税を表示する機能があり、送り状やインボイスの発行、集荷依頼もプラットフォーム上で完結。Shopifyアプリから簡単に連携できます。

海外配送の自動化に焦点を当てており、越境EC事業者には特におすすめの在庫管理システムです。

主な機能

  • 受注情報の自動インポートで複数のECストアを一元管理。
  • 関税・送料のShopifyチェックアウトページへの表示。
  • 各配送サービスの送り状をワンクリックでダウンロード。
  • HSコードや原産国情報を自動で連携し、通関資料の作成。
  • 複数受注の集荷を、異なる配送サービスでも一括依頼。
ライトプラン
月額利用料30,000 円
従量課金30 円 / 件
オプション越境EC物流コンサルサービス
月額 30,000 円
お得な年間契約もあり

ロジクラ

参照:https://logikura.jp/shopify/

ロジクラ」は、発送業務を効率化する在庫管理ソフトウェアです。ECサイトの受注から倉庫業務までを効率化し、Shopifyでの注文を自動で出荷予定として取り込むことが可能です。ユーザーフレンドリーな操作性で、業務の効率化を図ることができます。

Shopifyアプリをインストールすることでシームレスな管理が可能。特に小規模から中規模のビジネスにおすすめです。

無料お試し期間もあるため、まずは機能やUIなどを実際に操作してから検討することができます

主な機能

  • Shopifyの受注データを自動的にロジクラにインポートし、在庫管理を一元化。
  • 出荷指示の自動作成により、注文処理を迅速化。
  • 複数のECプラットフォームとの連携による在庫情報の一元管理。
  • 出荷完了後の追跡情報をShopifyに自動反映、顧客への情報提供を効率化。
  • 複数の倉庫間での在庫状況の管理と同期を容易に行える機能。
ライトプランプレミアムプラン
月額利用料月額 49,000 円
月額 14,800 円
従量課金出荷300件~
25円/1出荷
出荷2,000件~4,999件
10円/1出荷
5,000件を超える場合
5円/1出荷
お得な年間契約もあり

アシスト店長


アシスト店長」は、ECサイト運営の効率化に貢献するシステムで、Shopifyアプリで連携できます。主に、在庫管理や受注処理、顧客対応、販売促進などの業務を支援するための機能が豊富に備わっています。

受注管理機能には、共用サーバープランと専用サーバープランが用意されています。中小規模事業者向けのユーザーフレンドリーなインターフェースが特徴

主な機能

  • 複数店舗の在庫連携。
  • 受注データの一元管理。
  • 顧客情報の詳細な管理と分析。
  • 販売促進ツールの提供。
  • 効率的な商品登録と更新。
受注管理機能
共用サーバープラン
受注管理機能
専用サーバープラン
在庫管理機能
初期費用50,000円200,000円30,000円
月額利用料25,000 円
100,000 円20,000円(~1,000件)
30,000円(~5,000件)
従量課金1,001件~3,000件
20円
3,001件~5,000件
15円
5,001件~
要問合せ
お得な年間契約もあり

ネクストエンジン

参照:https://next-engine.net/


ネクストエンジン」は、複数のECサイトや物流を一括で管理できるオムニチャネルビジネスに最適なクラウドサービスです。Amazonや楽天、メルカリShopsなど全48のモール・カートに対応。在庫管理、受注処理、顧客管理など、EC運営に必要な業務を効率化します。

多様なマーケットプレイスとの連携機能があるため、Shopifyだけでなく複数のショップを運営する大規模なビジネス向けのサービスです。

主な機能

  • 複数ECサイトの在庫連携と一元管理。
  • 自動受注処理と出荷指示。
  • 顧客情報の一元管理と分析。
  • 効率的な商品登録と情報更新。
  • 販売データの分析とレポート作成。
201件~
400件
401件~
1,000件
1,001件~
3,000件
3,001件~
5,000件
5,001件~
7,000件
7,001件~
10,000件
10,001件~
初期費用0円0円0円0円0円0円0円
月額基本料3,000円3,000円3,000円3,000円3,000円3,000円3,000円
従量課金35円30円25円20円15円10円5円

コマースロボ

参照:https://www.commerce-robo.com/shopify_airlogi.html


コマースロボ」は、受注管理システム(OMS)と倉庫管理システム(WMS)を一体化したRPA内蔵のEC自動出荷システムです。ECサイト運営者が、在庫の自動更新や出荷手続き、顧客対応を効率的に行えるように設計されています。

在庫管理と出荷プロセスの効率化に注力。特に出荷作業が多いEC事業者や、効率的なバックオフィス業務を求める事業者におすすめです。

主な機能

  • 自動在庫更新。
  • 出荷手続きの効率化。
  • 顧客データの一元管理。
  • 受注管理の自動化。
  • 売上データの分析とレポート作成。
Starterプラン自動出荷プランSCMプラン
初期費用無料無料無料
月額利用料5,000 円
10,000 円30,000円
従量課金~500件
0円
501件~5,000件
20円
5,001件~10,000件
15円
10,001件~20,000件
10円
20,001件~
5円
501件~5,000件
20円
5,001件~10,000件
15円
10,001件~20,000件
10円
20,001件~
5円
お得な年間契約もあり

まとめ|外部システムを活用して在庫管理を効率化

Shopifyを利用する事業者にとって、適切な在庫管理システムの選択はビジネスの成功に直結します。はぴロジ、AnyLogi、ロジクラ、アシスト店長、ネクストエンジン、コマースロボはそれぞれ異なる特徴を持ち、事業の規模やニーズによってどのサービスを選ぶのが最適かは異なります。各システムの特性を検討し、自社に最適な在庫管理システムを選択するときの参考にしてください。

Shopifyでeギフトを簡単にはじめるなら『MakeGift』!

MakeGiftロゴ

MakeGiftとは自社ECサイトや店舗でeギフト機能(ソーシャルギフト機能)を手軽に実装できるサービスです。貴社のお客様に「eギフトでも購入する」という選択肢を増やすことで友人や家族へのプレゼントとしても購入されることが増え売上UPに繋がります。

MakeGiftとは?

現在、Shopify運営者、食品EC、ファッションアパレル、美容、カフェ(店舗)など多くの業界で利用されております。
ECサイトだけではなく店舗でもデジタルチケットととして利用できることも特徴です。

eギフト(ソーシャルギフト)は、購入者が「住所を知らない相手にも手軽にプレゼントを贈れる」ため、ファンがファンを呼ぶ仕組みとなり販売促進の効率化や顧客拡大に貢献できます。

eギフトとは?

またMakeGiftは大手eギフトサービスと比べて、は低コストで気軽に導入できます。
既に運営しているShopifyのECサイトや店舗でもeギフト機能を実装でき最短1日で開始が可能です!
自社商品のeギフト実装をご検討の際は、ぜひお気軽にMakeGiftへお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次